基本方針

日常生活の中で、お子様の状況、状態をしっかり見極め、人間の土台となる「思考力・表現力・言語能力・運動能力・芸術能力など」の基礎部分を見直し、適切な療育&褒めて伸ばす指導により再構築いたします。お子様ひとりひとりの可能性と課題を認識し、お子様の「利益」を最優先に考え、楽しみながら褒められる体験により、向上心や自己肯定感を高め、主体的に社会に適応できる人格形成を目指しております。

療育の特色

キッズルームの児童発達支援&放課後等デイサービスでは、特性における二次障害で既に集団生活で障害が生じているお子様や、学校に行けなくなってしまった不登校児(※)も積極的に受け入れております。
まずは信頼関係を基本とし、学校や家庭と三者間がしっかりと連携&提案することで、根本的な問題の解決に尽力致しております。

また、偏りのない生活全体の質を向上させるため、様々な分野「個別療育・音楽療育・運動療育・SST等」をバランスよく取り入れております。

※一定の条件を満たす場合、キッズルーム利用時に小・中学校で出席扱いとなる場合がございます。
(現在該当者数名在籍中)

それぞれの支援内容

児童発達支援

「自分もやってみたい」という
自己啓発心を目指すことが
重要ポイント

放課後等デイサービス

学習や生活能力向上のための
訓練や体験を通して
社会的自立の支援

支援内容

キッズルームはバランス型の
療育が行える珍しい施設
個々の支援内容はこちらから

KIDS ROOMに相談してみる

ご契約の有無に関わらず、お子様の「発達に関する悩み」「不登校に関する悩み」お気軽にご相談ください。